けあふりーなおんな

スマップさん達が大好きな女による自由気侭な徒然日記

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.30

ぼちぼち

中居先生の貝関係も落ちついたし、あたしライブも終了したことだしそろそろここも再開しようそうしよう。

結局月イチ更新で今までと様子変わらなかたなー。
ぷふふー。

でもなんとなく色々あたし的ペースはこんなんだってわかったからこういう形で休んで良かった!
そんな訳でこれからはこれまで以上にマイペースを貫く!ぬくぬくぬく!
次の更新来年だったりしてね!

すっげありえるんですけど…!
(どーーーーーん)

今日の午前中は部屋の片付けをしました。
山積みになった雑誌を整理して(中居先生、登場誌が多いにも程があるんだから!映画誌高いにも程があるんだから!途中からどれ買えばいいんだかサッパリちんになって手当たり次第買ったんだから!)その後今年のライブのグッズを片付けました。
今年のライブのグッズを片付けました。
今年のライブのグッズを片付けました。
今年のライブのグッズを片付k(気を確かに)

この1ヶ月のすまっぷ(中居先生中心)の動きについては、いっぱい語ることはあるんですがありすぎてここまで来るともはやめんどいので全部すっとばします。(ギャ!)
でもあたしちゃんと中居先生のこと見てたヨ!
当たってもないのにJCBホールに行くくらい追いかけてたヨ!
中居先生目的というよりは中居ファンの集合体が見たかったからだけど!
(目的間違い)

色々すっとばすけど、映画のことについては書いちゃうよ。

とりあえず初日の次の日と(おもくそ風邪っぴき絶頂だったけど行ったんだ!我慢できずに行ったんだ!)昨日と行ってきましたよい。

まさひろたんが自信持って薦められるって言ってるとおり、自信持って薦めていいんじゃなかろーか?と思う映画でありました。
模倣犯の時は脚本と演出がどうにも肌に合わなくて(宮部ファン怒ってないかな!?ぶるぶるぶる!とさえ思ったもんだ)、でも中居先生を拝みたいし観にいって中居先生に貢献したいし(だってファンだもん!)という思いだけで頑張って3回行きましたが(ファンだもん!言ってる割に私が知る中居ファン内では最低回数☆)、今回は公開が終わるまで行けるだけ行くよ!

以下まだ観てない人いるだろからたたみまーす

とりあえず中居先生の表情が素晴らしかったにゃー
人間のちょっとした瞬間の優しくて純粋なとこと、その間逆の感情が、表情と仕草だけでしっかり表現されてたと。
季節感も明瞭だったけど、豊松ちゃんの喜怒哀楽ももの凄いクリアに出ておりました。
(オイオイせりふじゃなく表情をべた誉め☆でもそれが中居先生の役者としての形だと思うのです。)
でもってつよちしかり、周りを固めてくれた役者さん達も素晴らしかったし。
あーつよち、役者つよちやっぱり大好き。

映画全体でもそうだし、シーン一つ一つの細かいとこでもそうだけど、人それぞれ『そこは違うだろ』とか『ここは好きじゃない』ってあるだろうけど、私的には今回の映画は全体的に無駄なくまとまってて、特に『うーん、ここはな…』ってのがありませんでした。
まぁ中居先生やっぱり滑舌悪いな。ってとこはありますけど☆
でもいい!
そんなの!
滑舌の悪さが時に大変ぷりてぃちゃんだったりするんだよ!許す!(上から)

何より巣鴨プリズンに入ってからの豊松ちんが致命的にウツクチイ!
収容所内で豊松ちんの周囲だけがきらんきらんしてるんだ!
きらきらきらきらーしてるんだ!
あんなのいたら西沢さんじゃなくても面倒みたくなっちゃうよ!
閣下じゃなくてもタバコ持って遊びに行きたくなっちゃうよ!

あたしは生まれ変ったら中居先生の顔になりたい!
と改めて思いました。(腹の底から…!!)

あと話し変わるけど橋本先生の若かりし頃のハンサムっぷりにびびりました。
何あのかっちりしたハンサム。
あと昨日買って来たパンレット、BC級戦犯の解説の部分が一番興味深かったです。
中居先生がこの映画やってくれなかったらあたしも戦犯についてきっとさっぱりちんなままだったんだ。
ありがとう、中居先生。

ついでにおかんはやっぱり実家分の番宣番組の録画に失敗しました。
(どーーーーーーーーーん。)


そして最後に昨日の映画館での様子をご紹介したいと思います。
ストーリーをほぼ全部書くので、見てない人はほんと見ないでください。

場所が場所だけに映画館はほぼ満席でした。
やったね!まさひろちん!
しかも若いコばっかりだったよ!
やったね!まさひろちん!

そんな中で数少ない60歳前後のおばちゃん二人が後ろに座りました。
そのおかげで私は初めての経験をしました。
場面場面全部に感想を言われるというね…!



・豊松ちゃんに赤紙が来ました。豊松ちゃん自身のセリフの前に
おばちゃん「「やだほんとに赤いのね…!」」

・豊松ちゃんが戦争に向かいます。
おばちゃん「「あぁぁぁ…やだわぁ…」」

・豊松ちゃんが上官に殴られます。
おばちゃん「「やだわぁ…」」

・豊松ちゃんが命令にしたがってつるされた米軍兵に向かいます
おばちゃん「「いやぁ…」」

・豊松ちゃんが戦犯容疑で捕まります
おばちゃん「「やだっ捕まっちゃうの!?」」

・豊松ちゃんがバスの中でかつての上官を見つけます
おばちゃん「「あらやだ。この人もつかまったのね!」」

・閣下が裁判で応答しています
おばちゃん「「よく言うわよね~命令しといて」」

・立石上官が自分の判決結果に笑みをこぼして去っていきます
おばちゃん「「いやね!この人!見て!笑ってるわ!」」

・豊松ちゃんに絞首刑がくだされました
おばちゃん「「やだわぁ…絞首刑なの?やだわぁ…」」

・豊松ちゃんが牢に入ると大西さんがいました
おばちゃん「「あら!この人あれじゃない?同じグループの…」」

・閣下が処刑されます
おばちゃん「「いやだわ!絞首刑…!」」

・健坊が池袋でかあちゃんとはぐれます
おばちゃん「「あらあら。はぐれちゃったのね」」

・健坊、無事かあちゃんと会えます
おばちゃん「「良かったわね~」」

・面会シーン
おばちゃん「「…ずずず…ずず…」」

・おばちゃん泣くと黙るんだ!

・お願いです!ずっと泣いててください…!(懇願)

・豊松ちゃんにチェンジブロックのお迎えが来ます
おばちゃん「「やだ…!どういうこと?どうなるの?」」

・豊松ちゃん、まさかまさかの絞首刑決定。
おばちゃん「「ええーー!?何で?何で絞首刑になったの!?」」

・豊松ちゃん放心。
おばちゃん「「やだわぁ…やだわぁ…可愛そうだわぁ…」」

・小宮さん「あなたは生まれ変わったら何になりたいですか…?」
おばちゃん「「貝になりたい……!(力強く)」」

・豊松ちゃん手紙で「せめて生まれ変わることができるのなら………………」
おばちゃん「「貝になりたい………!!(再び力強く)」」

・豊松ちゃん続き「もう人間にはなりなくありません…」
おばちゃん「「あぁぁ……………(深く溜め息)」」
(↑もはやセリフの内容に対する溜め息なのか、なかなか貝になりたいって言ってもらえないことへの溜め息なのかわからない)

そんなおばちゃん二人は「「やあねぇ…」」言いながら帰っていきました。
2度目の「「貝になりたい………!!」」あたりでついに私のオモシロがりツボにはまってしまい泣き笑いでエンディングを迎えました。

貴重な体験ありがとう…!おばちゃん達…!
でももうあたしの側には座らないでネ☆うふふ!
スポンサーサイト

COMMENT

→ Comment No.1223

やっぱり、やこちゃんには何か神がついてると思う。(え)
どーしてそんなオモシロイことが起きるんだ…!
あの映画で。
今回はやこちゃんにしたら、ただただうるさかったと思うけども。
ごめんね、ものすごーく笑ってしまった。

私は昨日4回目の貝に行ってきました。
結局、なぜか前売りを使わずにまた行ってきました。
1人で行ったら後ろが変なおじさんで、イスは蹴られるわ、映画中にげっ○が聞こえるわ、大変でした。
ついでに隣の兄ちゃんがずーっと携帯をパカパカさせてて、殴ってやろうかと思いました。(殴らなかったけど)

んでも、やこちゃんの運(運?)には勝てないなー。
と。ここにきてしみじみ。
負けたっ!(笑)
2008.12.01-19:05 + なす + URL + *edit

→ Comment No.1224

「(ここは)家か!」とおばちゃん達に言いたくて仕方なかったものでした。

映画館のマナーはほんとなんとかして欲しいれすよねー(--;)
コメディならまだしも貝でやられた日にゃ。
ぶーぶー。
2008.12.03-20:13 + やこ + URL + *edit

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。